報道発表

世界食料デー記念シンポジウム
「食料問題を考える,『食品ロス』を知ろう!」の開催

令和元年10月9日

英語版 (English)

  1. 1 10月18日,外務省は国連食糧農業機関(FAO)との共催により,東京において,食品ロス削減に関するシンポジウム「食料問題を考える,『食品ロス』を知ろう!」を開催(PDF)別ウィンドウで開くします。

    2 10月16日は,世界の食料問題を考える日として国連が制定した「世界食料デー」であり,持続可能な開発目標(SDGs)の下,2030年までに「飢餓ゼロ」の達成に向けて世界各地でイベント等が開催されます。
     日本においても,本年10月1日から「食品ロスの削減の推進に関する法律(食品ロス削減法)」が施行され,食品ロス削減に対する取組は,理念の提唱から実施段階に移行しています。
     このシンポジウムは,このような内外の機運の高まりを受け開催するもので,企業関係者,政府関係者,大学関係者,各国専門家等,約100名が参加する予定です。また,中山展宏外務大臣政務官が冒頭挨拶を行う予定です。

    3 このシンポジウムでは,FAOの専門家を迎えるとともに,日本の企業や自治体の先進的な取組を広く紹介することにより,参加者の食料問題への理解を促進し,SDGsの達成に向けた国際的な貢献の可能性を探ることを目指します。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る