報道発表

日独外相会談及びワーキングランチ

平成30年7月25日

英語版 (English)

  • 日独外相会談及びワーキングランチ1
  • 日独外相会談及びワーキングランチ2
  • 日独外相会談及びワーキングランチ3
  1.  本25日,午後0時5分から約2時間,河野外務大臣は,訪日中のハイコ・マース・ドイツ連邦共和国外務大臣(H.E. Mr. Heiko MAAS, Federal Minister for Foreign Affairs, Federal Republic of Germany)と外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭

     河野大臣から,マース大臣の初訪日を歓迎した上で,日独は,それぞれアジアと欧州を牽引し,共有する基本的価値に基づいて国際社会の諸課題に対処する重要なパートナーであり,明年から2年間,安保理非常任理事国を務めるドイツと一層緊密に連携していきたい旨述べました。
     これに対し,マース大臣から,西日本における豪雨災害に対するお見舞いの言葉を述べた上で,ドイツと日本は価値を共有する重要なパートナーであり,外務大臣として初となるアジア歴訪の最初の訪問地に日本を選んだ,自由貿易,ルールに基づく国際秩序の維持,多数国間協調等に向け,日独で緊密に協力していきたい旨述べました。

    2 二国間関係

    (1)両大臣は,今回発出した共同声明(日本語及び独語)(PDF)別ウィンドウで開くに基づき,国連安保理改革や核軍縮・不拡散といった国際場裡における課題や,アジア,中東等の地域情勢に関する協力と対話を深めていくことを確認しました。

    (2)両大臣は,安全保障分野における日独協力の強化に向け,外務・防衛両省による新たな協議の枠組みの設置を検討することで一致しました。

    (3)両大臣は,本年がベートーベン交響曲第九番の日本初演100周年であることを記念し,日独両国で「DAIKU2018」の関連行事が盛大に行われていることを歓迎しました。

    3 日EU関係

    (1)河野大臣から,日本は,強く結束した欧州を支持している旨述べた上で,両大臣は,EU加盟を目指す西バルカンに関する日独連携を進めるべく,両国の西バルカン担当大使/局長による協議を立ち上げることで一致しました。

    (2)両大臣は,7月17日の日EU・EPA及びSPAの署名を歓迎し,両協定の早期発効に向けて,引き続き連携していくことを確認しました。

    4 国際場裡における協力

    (1)両大臣は,国連安保理改革に向けてG4としての取組を進めていくことで一致しました。

    (2)「核兵器のない世界」の実現に向け,軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI)等を通じて連携していくことを確認しました。

    5 地域情勢

    (1)北朝鮮について,両大臣は,引き続き北朝鮮による全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な,検証可能な,かつ,不可逆的な廃棄が必要であり,国連安保理決議の完全な履行に向け,日独で連携していくことで一致しました。

    (2)その他,両大臣は,中東情勢や欧州情勢,海洋安全保障等について意見交換を行いました。

    • 画像1
    • 画像2

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る