報道発表

フィリピン中部における台風被害に対する調査チームの派遣

平成25年11月10日

英語版 (English)

  1. 1 11月10日,台風30号(フィリピン名:ヨランダ)による甚大な被害を受けて,我が国は,外務省及びJICAより各1名から成る調査チームを派遣しました。

    2 また,フィリピン共和国政府からの要請を踏まえ,国際緊急援助隊・医療チームを早ければ明11日にも派遣すべくフィリピン政府と調整を進めています。

    3 なお,国連等援助機関との調整のため,7日から国連災害評価調整チーム(UNDAC)にJICAから2名が派遣されています。

    【参考】フィリピンにおける台風30号による被災状況
     11月10日(日曜日)午前6時(日本時間午前7時)時点の,フィリピン国家災害リスク削減管理委員会発表による被害状況は以下のとおり。

    • 死者数:151名
    • 負傷者数:23名
    • 被災者数:4,459,468名(982,252世帯)
    • 避難者数:477,735名(101,762世帯)
    • なお,これまでに邦人被害に関する情報には接していない。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る