アメリカ合衆国

日米首脳電話会談

平成29年8月31日

英語版 (English)

 30日,安倍晋三内閣総理大臣は,午後11時30分過ぎから約30分間,ドナルド・トランプ米国大統領(The Honorable Donald Trump, President of the United States of America)と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理から,29日に行われた日米首脳電話会談の後,文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領及びマルコム・ターンブル・オーストラリア首相との間で電話会談を行い,さらに訪日中のテリーザ・メイ英国首相との非公式な会談を行ったことを紹介しつつ,また,国連では安保理議長声明が採択されたことを踏まえ,両首脳は,今後の対応につき意見交換を行った。

2 両首脳は,北朝鮮に対して更に強い圧力をかけ,北朝鮮にその政策を変えさせなければならないという点で一致した。また,両首脳は,引き続き,国連の場を含め,日米,日米韓で一層緊密に連携していくことで一致した。

3 安倍総理から,ハリケーン「ハービー」の被害に心を痛めており,日本から緊急援助物資を提供する用意がある旨述べ,これに対し,トランプ大統領から,温かい申し出に感謝する旨の発言があった。


このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る