人権外交

堀井学外務大臣政務官のスイス訪問(結果)

平成30年2月28日

2月26日(月曜日)~28日(水曜日),堀井学外務大臣政務官は,スイスのジュネーブを訪問し,第37回人権理事会ハイレベル・セグメント,ジュネーブ軍縮会議(CD)公式本会議,及び対人地雷禁止条約第3回プレッジング会合等に出席してステートメントを実施したほか,各国・国際機関の要人と会談等を行いました。概要は以下のとおりです。

1 第37回人権理事会ハイレベル・セグメント等

  • 第37回人権理事会ハイレベル・セグメント1
  • 第37回人権理事会ハイレベル・セグメント2
2月27日午後,堀井学政務官は人権理事会ハイレベル・セグメントにおいてステートメント(日本語英語)を実施しました。その中で,堀井学政務官は,本年は世界人権宣言採択70周年であり,我が国として引き続き世界の人権保護・促進に取り組む旨述べました。また,拉致問題の早期解決の重要性を訴えるとともに,日本は今次人権理事会においても,EUとともに北朝鮮人権状況決議案を共同提出する予定である旨述べ,各国の理解と支持を求めました。更に,韓国の代表団が慰安婦問題に言及したことを受け,同問題に関する日本の立場を述べました。

また,前日の26日には,スポーツと人権に関するサイドイベント「メガ・スポーツ・イベントにおける人権尊重の強化」に出席し,2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた日本の取組等についてスピーチ(日本語英語)を行いました。

2 ジュネーブ軍縮会議(CD)公式本会議

  • ジュネーブ軍縮会議(CD)公式本会議におけるステートメント
  • 原爆常設展の視察
2月27日午後,堀井学政務官は,CDにおいて,北朝鮮による核実験及び弾道ミサイル発射の強行を非難し,朝鮮半島の非核化に向け国際社会が北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていくことを求めるとともに,日本として「核兵器のない世界」に向けて,核兵器国と非核兵器国の双方の参画を得て,現実的かつ実践的な核軍縮を進めること,NPT体制の維持・強化に貢献すること等を表明するとともに,CDの活性化に向けて各国の協力を力強く呼びかけるステートメント(日本語(PDF)英語(PDF))を実施しました。また,この機会に,2011年11月に国連欧州本部に開設された原爆常設展も視察しました。

3 対人地雷禁止条約第3回プレッジング会合

  • 対人地雷禁止条約第3回プレッジング会合におけるステートメント
2月27日午前,堀井学政務官は,対人地雷禁止条約の事務局の予算を確保することを目的とした第3回プレッジング会合に出席し,我が国の対人地雷対策における取組を紹介するとともに,平成30年度予算で7万5,539スイスフランを拠出すべく国会での承認をはじめとする国内手続き中である旨を表明(日本語(PDF)英語(PDF))しました。

4 各国及び国際機関の要人との会談等

  • ザキ・モルディブ家族省大臣との意見交換
  • チョウ・テイン・ミャンマー国際協力大臣との意見交換
堀井学政務官は,ライチャーク国連総会議長,マウラー赤十字国際委員会(ICRC)総裁,ムハンマド・カタール副首相兼外相,ザキ・モルディブ家族省大臣,チョウ・テイン・ミャンマー国際協力大臣,エリヤヴェツ・スロベニア副首相兼外相等と,国際場裏における協力等につき意見交換を行い,また北朝鮮人権状況決議案に対する支持・理解を求めました。また堀井学政務官は,中満国連軍縮担当上級代表と会談し,軍縮分野において国連と引き続き緊密に連携していくことを確認しました。さらに,在ジュネーブの日本人国際機関職員を激励し,意見交換を行いました。
  • エリヤヴェツ・スロベニア副首相兼外相との意見交換
  • 中満国連軍縮担当上級代表との意見交換

(参考)堀井学政務官日程
2月25日(日曜日)
ジュネーブ着

2月26日(月曜日)
各国・国際機関要人との会談等

2月27日(火曜日)
対人地雷禁止条約第3回プレッジング会合出席
ジュネーブ軍縮会議公式本会議出席
人権理事会ハイレベル・セグメント出席 等

2月28日(水曜日)
ジュネーブ発

このページのトップへ戻る
人権外交へ戻る