デンマーク王国

河野外務大臣のラスムセン・デンマーク首相表敬

平成30年10月20日

英語版 (English)

 現地時間20日午後12時(日本時間午後7時)から約30分間,河野太郎外務大臣は,訪問中のデンマークで,ラース・ルッケ・ラスムセン・デンマーク王国首相(H.E. Mr. Lars Løkke Rasmussen, Prime Minister, Kingdom of Denmark)を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

1 ラスムセン首相から,河野大臣の訪問及びP4G(Partnering for Green Growth and the Global Goals 2030)首脳会合への出席を心から歓迎する,良好な二国間関係を更に強化していきたい旨述べました。

2 河野大臣から,デンマーク政府のP4G首脳会合主催への祝意を述べた上で,デンマークやP4Gメンバーと共に,SDGs(持続可能な開発目標)を推進していきたい旨述べ,さらに,昨年の日デンマーク外交関係樹立150周年以降,安倍総理がデンマークを訪問する等,活発な要人往来が続いていることを歓迎するとともに,両国の戦略的パートナーシップに基づく協力が着実に進展している旨述べました。

3 両者は,自由貿易の推進や二国間の経済関係強化に向け,引き続き,協力していくことで一致しました。

4 両者は,北朝鮮情勢については,朝鮮半島の非核化に向け,安保理決議の完全な履行が必要との立場で一致しました。


このページのトップへ戻る
デンマーク王国へ戻る