核軍縮・不拡散

岸田外務大臣と天野国際原子力機関事務局長との意見交換

平成29年5月2日

  • 岸田外務大臣と天野国際原子力機関事務局長との意見交換1
  • 岸田外務大臣と天野国際原子力機関事務局長との意見交換2

 5月2日,午後1時30分(現地時間)から約1時間,ウィーンを訪問中の岸田文雄外務大臣は,天野之弥国際原子力機関(IAEA)事務局長と昼食をとりつつ,意見交換を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 岸田大臣から,天野事務局長の再任を歓迎する旨述べるとともに,日本は,天野事務局長の「平和と開発のための原子力」のイニシアティブ,北朝鮮の核問題やイランの核合意の履行等におけるIAEAの取組を評価しており,天野事務局長の今後の取組についても,最大限支援する旨述べました。

2 天野事務局長から,IAEAの活動に対する日本の支援に謝意を述べるとともに,北朝鮮の核問題イランの核合意の履行等における取組について説明があり,引き続き,日本とも緊密に連携していきたいと述べました。

3 また,岸田大臣から,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け,核テロ対策等において協力していきたい旨を述べ,天野事務局長からも,IAEAは大規模公共行事に知見を有しており,よく連携しつつ,進めていきたい旨の発言がありました。


このページのトップへ戻る
核軍縮・不拡散へ戻る