報道発表

日・カーボヴェルデ外相会談

平成30年10月7日

英語版 (English)

  • 日・カーボヴェルデ外相会談1
  • 日・カーボヴェルデ外相会談2
  • 日・カーボヴェルデ外相会談3
  1.  本7日午後6時25分から約25分間,河野太郎外務大臣は,アフリカ開発会議(TICAD)閣僚会合出席のため訪日中のルイシュ・フィリプ・ロプシュ・タヴァルシュ(H.E. Mr. Luis Filipe Lopes Tavares)カーボヴェルデ共和国外務・共同体大臣兼国防大臣と外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,河野大臣から,タヴァルシュ大臣のTICAD閣僚会合出席を心から歓迎するとともに,7月のCPLP(ポルトガル語諸国共同体)会合の成功に祝意を示しつつ,同会合への出席は叶わなかったが,ぜひ近いうちにカーボヴェルデを訪問したい旨述べました。

    2 さらに,河野大臣から,防災分野に関する最近の日本の支援に言及するとともに,食料安全保障改善のための食料支援の意向を表明しました。

    3 タヴァルシュ大臣から,これまでの日本の対カーボヴェルデ支援に謝意を表明するとともに,引き続き電力,防災分野等の各分野に関する日本の支援への期待を表明しました。また,河野大臣のカーボヴェルデ訪問を招請しました。

    4 この他,両大臣は,国際場裡における協力について意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る