報道発表

城内副大臣とエルデネバト・モンゴル産業大臣との懇談

平成27年6月30日

  • 城内副大臣とエルデネバト・モンゴル産業大臣との懇談1
  • 城内副大臣とエルデネバト・モンゴル産業大臣との懇談2
  • 城内副大臣とエルデネバト・モンゴル産業大臣との懇談3
  1. 1 本30日午後3時45分から約30分間,城内実外務副大臣は,第7回日モンゴル官民合同協議会に出席するため訪日したドンドグドルジ・エルデネバト・モンゴル産業大臣(H.E. Mr. Dondogdorj ERDENEBAT, Minister of Industry)と懇談したところ,概要は以下のとおりです。

    2 冒頭,城内副大臣から,今年に入ってからの,モンゴルからの大統領国家大会議議長及び,首相の訪日に象徴される最近の両国間の活発なハイレベル往来を嬉しく思う,安倍晋三内閣総理大臣や岸田文雄外務大臣も両国関係を大切にしている旨述べ,モンゴル日本友好議員連盟会長を務めていたエルデネバト大臣が産業大臣に就任されたことは心強く,今後も両国関係の発展に協力をお願いしたい旨述べました。

    3 また,城内副大臣からは,6月29日の第7回日モンゴル官民合同協議会が,日モンゴル経済連携協定(EPA)が両国議会で承認された直後に行われ,実りある議論が行われたことは非常に時宜を得たものと評価する旨述べ,両国の「戦略的パートナーシップ」を深化させるためには,経済関係で具体的な成果を出すべく,今次協議会のフォローアップを含め,双方で緊密に連携していきたい旨述べました。

    4 これに対し,エルデネバト大臣からは,モンゴルの産業多角化のための日本の協力及び投資や,モンゴルの産業への日本の技術の導入に期待を述べるとともに,今次協議会を契機に,民間企業同士の交流・協力がさらに進んでいくことに期待している,機会があれば是非,城内副大臣にもモンゴルを訪問していただきたい旨述べました。


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る