報道発表

岸田外務大臣とグリア経済協力開発機構(OECD)事務総長との会談(概要)

平成26年4月9日

英語版 (English)

  1.  本9日午後5時40分より約30分,岸田文雄外務大臣は,飯倉公館において,来日中のアンヘル・グリアOECD事務総長(Mr. José Ángel Gurría Treviño, Secretary General of the OECD)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 岸田大臣より以下を述べました。

    (1)冒頭,OECD加盟50周年である2014年にグリア事務総長を迎えることができうれしい,今回の来日の際に被災地を訪問いただいたことに感謝する。

    (2)5月の閣僚理事会では,「しなやかで強靱な経済社会」,「OECDと東南アジアとの関係強化」をテーマとし,充実した議論を行いたい。東南アジア地域プログラムの立ち上げ式典をはじめとする東南アジアに関する取組が有意義なものとなるよう,尽力願いたい。

    2 グリア事務総長より以下を述べました。

    (1)日本のOECD加盟50周年をお祝い申し上げるとともに,岸田大臣をはじめとする外務省関係者の努力に感謝申し上げる。

    (2)今回の閣僚理事会のテーマは,東日本大震災からの復興,デフレからの脱却をはじめ,日本が議長国である機会にとりあげるにふさわしいテーマである。また,東南アジアとの関係強化に向けた日本の支援に感謝申し上げるとともに,東南アジア関連のプログラムが盛況なものとなるよう取組を進めたい。

    3 また,今次訪日の際にOECDが作成した政策提言集が手わたされました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る