報道発表

フィリピン中部における台風被害に関する国際緊急援助隊・医療チーム第二次隊

平成25年11月21日

  1.  フィリピン中部における台風被害に関し,20日,国際緊急援助隊・医療チーム第二次隊がフィリピンに向けて出発し,本21日,自衛隊機により第一次隊の医療活動の拠点であるレイテ島タクロバンに到着しました。第二次隊は,第一次隊の活動を引き継ぎ,引き続き,タクロバンを拠点に医療活動を行います。
     なお,医療チーム第一次隊は,15日から20日までの6日間で計742名に対し医療活動を行いました。

    【参考】国際緊急援助隊・医療チーム
     国際緊急援助隊・医療チームは医師,看護師等を中心として構成される。第一次隊は27名,第二次隊は29名から成る。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る