アメリカ合衆国

日米外相会談

平成30年8月4日

  • 日米外相会談1
  • 日米外相会談2

 8月4日12時40分頃から約20分間,ASEAN関連外相会合出席のためシンガポールを訪問中の河野太郎外務大臣は,マイク・ポンペオ米国国務長官(The Honorable Mike Pompeo,Secretary of State of the United States)と日米外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 河野大臣から,ポンペオ国務長官が7月30日(米国時間)に行った米国のインド太平洋経済ビジョンに関するスピーチを高く評価する旨述べ,両外相は,法の支配に基づく自由で開かれたインド太平洋の実現別ウィンドウで開くに向けた連携,協力を一層進めていくことを確認しました。

2 両外相は,北朝鮮に関し,全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な,検証可能な,かつ,不可逆的な廃棄を目指すとの共通の目標を改めて確認するとともに,引き続き安保理決議の完全な履行に向けた具体的な行動を北朝鮮から引き出すべく協力していくことで一致しました。また,「瀬取り」対策に関し,日米で引き続き協力していくことを再確認しました。

3 河野大臣から,拉致問題の早期解決に向け,米国を始めとする国際社会と連携しつつ,日本自身が北朝鮮と直接協議し,あらゆる手を尽くす決意である旨を強調し,引き続き日米で協力していくことを改めて確認しました。

4 さらに,両外相は,ASEAN関連外相会合における協力や地域情勢について意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る