国連外交

ムハンマド=バンデ第74回国連総会議長による安倍総理大臣表敬

令和元年7月23日

英語版 (English)

  • 表敬を受ける安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)
  • 表敬を受ける安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)

 本23日,午前11時05分頃から約15分間,安倍晋三内閣総理大臣は,閣僚級招へいにて訪日中のティジャニ・ムハンマド=バンデ第74回国連総会議長(H.E. Professor Tijjani Muhammad-Bande, President-elect of the 74th session of the United Nations General Assembly)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,安倍総理大臣から,ムハンマド=バンデ議長の次期国連総会議長選出への祝意を表するとともに,「安保理改革を始め,国連が直面する諸課題への取組に対する同議長の指導力に期待する」旨述べました。

2 これに対し,ムハンマド=バンデ議長は,日本政府の招待に謝意を表明するとともに,国連を始めとする多国間分野における日本のコミットメントを称賛する旨述べました。

3 安倍総理大臣から,北朝鮮情勢に関して,拉致問題の早期解決に理解と協力を求め,ムハンマド=バンデ議長の支持を得ました。

4 また,両者は9月のSDGサミットに向け,SDGs(持続可能な開発目標)等の地球規模課題分野において,協力して取り組むことで一致しました。


このページのトップへ戻る
国連外交へ戻る