報道発表

多国籍部隊・監視団における日本国の自衛隊の地位に関する日本国政府と
多国籍部隊・監視団との間の交換公文の署名

平成31年4月4日

英語版 (English)

  1. 1 4月3日(現地時間),イタリアにおいて,我が方片上慶一駐イタリア大使とステファン・ビークロフト多国籍部隊・監視団(MFO)事務局長(Mr. R. Stephen Beecroft, the Director General of the Multinational Force and Observers)は,多国籍部隊・監視団における日本国の自衛隊の地位に関する日本国政府と多国籍部隊・監視団との間の交換公文和文(PDF)別ウィンドウで開く英文(PDF)別ウィンドウで開く)に署名しました。

    2 この交換公文は,MFOに派遣される自衛隊員が円滑に活動を行うことができるよう,MFOに派遣される自衛隊員の法的地位を確認すること等を目的とするものです。

    3 我が国としては,本件派遣を通じて,我が国の「平和と繁栄の土台」である中東の平和と安定に一層貢献していく考えです。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る