報道発表

阿部外務副大臣とクナイスル・オーストリア欧州・統合・外務大臣との会談

平成31年3月24日

  1.  本24日,午後4時15分から約30分間,阿部俊子外務副大臣は,第5回国際女性会議(WAW!/W20)出席のため訪日中のカリン・クナイスル・オーストリア共和国欧州・統合・外務大臣(H.E. Dr.Karin KNEISSL,Minister for Europe,Integration and Foreign Affairs of the Republic of Austria)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,阿部副大臣から,本年は日本オーストリア友好150周年であり,クナイスル外務大臣と協力して,人的及びビジネス交流を活性化したい旨述べました。これに対し,クナイスル外務大臣から,先般のクルツ首相の訪日は成功裡に終わり,秋には大統領も訪日する他様々な交流が予定されている旨述べました。

    2 また,阿部副大臣から,日EU・EPAの発効及びSPAの暫定適用開始を契機として貿易投資・政治協力を発展させたい,日本の「西バルカン協力イニシアティブ」を通じて,オーストリアとの協力の下,西バルカン地域の欧州統合支援を後押ししたいと述べました。これに対し,クナイスル外務大臣から,日EU・EPAの発効を歓迎する,また人的交流,特にワーキングホリデーを通じた若い世代の交流の活性化を期待する旨述べました。

    3 その他,双方は,英国のEU離脱北朝鮮情勢を始めとする国際情勢についても議論を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る