報道発表

日本国と欧州連合及び欧州連合構成国との間の戦略的パートナーシップ協定
の日本国による批准の通告及び効力発生までの間の適用

平成30年12月21日

英語版 (English)

  1. 1 本21日(現地時間同日),日本政府は,ベルギーのブリュッセルにおいて,「日本国と欧州連合及び欧州連合構成国との間の戦略的パートナーシップ協定(PDF)別ウィンドウで開く」(以下「日EU・SPA」)の日本国による批准の完了をEU側に通告しました。

    2 日EU・SPAの効力発生には,EUに加えて全EU構成国による締結が必要となりますが,本協定では,それまでの間,一定の規定を適用することとしています。EU側は,本協定の効力発生までの間の適用に必要な関係する法的手続を完了した旨日本側に通告していることから,今回の我が国の通告により,明年2月1日に本協定の一定の規定につき効力発生までの間の適用が開始されることとなります。

    3 日EU・SPAは,民主主義,法の支配,人権及び基本的自由という価値及び原則を共有する我が国とEU及びEU構成国が,幅広い分野における共通の関心事項に関する協力を促進し,将来にわたる相互の戦略的なパートナーシップを強化していくための法的基礎となるものです。

    4 日EU・SPAの締結により,我が国とEU及びEU構成国との関係が一層緊密化することが期待されます。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る