報道発表

佐藤外務副大臣の「ヨルダン支援会合」への出席

平成31年3月1日

  • ヨルダン支援会合出席
  1. 1 2月28日(現地時間同日),英国のロンドンにおいて,ヨルダンの経済的安定と発展を促すため,英国及びヨルダン両政府の主催により「ヨルダン支援会合」が開催され,我が国からは佐藤正久外務副大臣が代表として出席しました。

    2 佐藤副大臣は,この会合におけるステートメント(PDF)別ウィンドウで開くの中で,中東地域安定化のため重要な役割を果たすヨルダンに対し,日本はこれまでも医療や廃棄物処理,水分野等で支援を実施してきたことや,同国の投資活動を活性化させるため,昨年11月に,ヨルダンとの間で投資協定の署名が行われたことなどを強調しました。さらに,多くのシリア難民を受け入れるなど,困難の中で経済的・社会的な課題に真剣に取り組みつつ,中東の平和と安定に貢献してきたヨルダンを引き続き支援していくべく,昨年11月に署名した3億ドルの開発政策借款を含め今後5年間で総額で最大約7.3億ドルの支援を行う旨表明しました。

    3 また,佐藤副大臣は,アイマン・サファディ・ヨルダン・ハシェミット王国外務・移民大臣(H.E.Mr.Ayman Safadi, Minister of Foreign Affairs and Expatriates of the Hashemite Kingdom of Jordan)と会談を行い,サファディ外務大臣から,今回会合で表明された日本による寛大な支援に深く感謝する旨発言がありました。これに対し,佐藤副大臣から,今後もヨルダンとの連携を緊密にしていきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る