報道発表

北朝鮮の核・ミサイル問題に関する日米の協議

平成30年6月21日

  1. 1 6月20日,東京において,吉田朋之外務省軍縮不拡散・科学部長とクリストファー・フォード米国際安全保障・不拡散担当国務次官補(Dr. Christopher FORD, Assistant Secretary, Bureau of International Security and Nonproliferation)は,北朝鮮による大量破壊兵器及び弾道ミサイルのCVIDに関して意見交換を行いました。

    2 双方は,米朝首脳会談の結果も踏まえ,北朝鮮による全ての大量破壊兵器及びあらゆる射程の弾道ミサイルの完全な,検証可能な,かつ,不可逆的な方法での廃棄(CVID)への対応のあり方について,専門的観点で意見交換を行いました。
     また,今後も協議を継続していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る