報道発表

ベルメホ国際家族計画連盟次期事務局長による中根外務副大臣表敬

平成29年12月14日

  • ベルメホ国際家族計画連盟次期事務局長による中根外務副大臣表敬1
  1.  12月13日午後5時20分から約20分間,中根一幸外務副大臣は,UHCフォーラムに出席するため訪日中のアルバロ・ベルメホ国際家族計画連盟(IPPF)次期事務局長(Dr. Alvaro Bermejo, Director-General of International Planned Parenthood Federation (IPPF)-designate))による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,中根副大臣から,ベルメホ次期事務局長の選出,任命に対し祝辞を述べ,訪日を歓迎するとともに,良好な日・IPPF関係の更なる深化を目指していきたい旨述べました。また,脆弱層の人々を取り残さず,地域に根ざした支援を実施するIPPFの活動を評価し,ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)達成に向け,性と生殖に関する健康分野に対し,日本としても引き続き積極的な取組を続けていく旨述べました。

    2 これに対しベルメホ次期事務局長は,IPPFに対する長年の日本の支援に謝意を示し,UHC推進における日本のリーダシップを評価し,日本とのパートナーシップを今後も継続していきたい旨述べました。

    3 このほか,IPPFにおける邦人職員の活躍やIPPF支援のあり方等について意見交換が行われました。

    4 中根副大臣とベルメホ次期事務局長は,ベルメホ次期事務局長の正式着任後(2018年3月),日本とIPPFとの関係を更に深化していくことを確認しました。

    [参考]ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)(PDF)別ウィンドウで開く
     世界中のすべての人が生涯を通じて必要な時に基礎的な保健サービスを負担可能な費用で受けられること。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る