報道発表

日・インド包括的経済連携協定に基づき設置された合同委員会の第4回会合の開催(結果)

平成29年8月4日

  1. 1 本4日,東京において,「日本国とインド共和国との間の包括的経済連携協定」(日・インド包括的経済連携協定(以下「日インドCEPA」)に基づき設置された合同委員会の第4回会合が開催されました。

    2 この会合では,日本側は山﨑和之外務審議官が,インド側はリタ・テオティア商工省商務次官(Ms. Rita Teaotia, Secretary of Commerce, Ministry of Commerce and Industry)が共同議長を務めたほか,両国から関係省庁の関係者が出席しました。

    3 日・インド双方の出席者は,この会合において,発効後6年が経過する日インドCEPAの運用と実施について,意見交換を行いました。また双方は,この会合に先立ち開催された原産地規則に関する小委員会,強制規格,任意規格及び適合性評価手続並びに衛生植物検疫措置(TBT・SPS)に関する小委員会,サービスの貿易に関する小員会,自然人の移動に関する小委員会,並びに,ビジネス環境の整備に関する小委員会での議論を含め,日インドCEPAの主要な論点について議論しました。

    4 双方は,日インドCEPAに基づき,両国の経済関係を一層拡大させるよう引き続き緊密に協力していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る