報道発表

スリランカにおける豪雨災害に対する国際緊急援助隊(専門家チーム)の派遣

平成29年5月31日

英語版 (English)

  1. 1 本31日,我が国政府は,スリランカ民主社会主義共和国において,5月24日から降り続いた豪雨により同国南西部を中心に発生した洪水及び土砂崩れ等の被害に対し,同国政府からの要請を受け,国際緊急援助隊(専門家チーム)を派遣することを決定しました。同チームは6月2日に現地に向けて出発する予定です。

    2 我が国としては,スリランカ政府の要請を踏まえ,我が国とスリランカとの友好関係に鑑み,人道支援のための緊急援助を行うこととしたものです。

    (参考)
     5月24日(現地時間)から降り続いた豪雨により,スリランカの南西部各地で洪水,土砂崩れが発生し,死傷者を含む多数の被災民と物的被害をもたらした。スリランカ政府によると,5月31日時点の被害状況は,死者202人,行方不明者96人,被災者は約63万人に上っている。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る