報道発表

ネパールにおける地震に対する国際緊急援助隊・医療チーム第二次隊の派遣

平成27年5月6日

英語版 (English)

  1. 1 日本政府は,大規模地震による被害を受けたネパールへ34名からなる国際緊急援助隊・医療チーム第二次隊を派遣することを決定しました。同チームは,5月7日にネパールに向けて出発する予定です。

    2 第二次隊は,既にカトマンズ近郊で活動中の国際緊急援助隊・医療チーム(第一次隊)と交代し,引き続き医療活動を行う予定です。

    (参考1)ネパールにおける地震被害
     4月25日に発生した非常に強い地震(マグニチュード7.8)により,首都カトマンズを含む広域にわたる被害が発生。現時点で判明している死者数は7,784名,負傷者数14,371名(現地時間5日10:00のネパール政府発表。)。

    (参考2)
     国際緊急援助隊・医療チームは,団長,医師,看護師,薬剤師,医療調整員,業務調整員で構成される。

    (参考3)ネパールにおける地震被害に対するこれまでの我が国の支援


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る