アメリカ合衆国

日米首脳電話会談

平成31年2月28日

英語版 (English)

 2月28日,19時30分から約10分間,安倍晋三内閣総理大臣は,ドナルド・トランプ米国大統領(The Honorable Donald Trump, President of the United States of America)と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおり。

1 冒頭,トランプ大統領から第2回米朝首脳会談について説明があった。これに対し,安倍総理から,朝鮮半島の非核化を実現するとの強い決意のもとに,安易な譲歩を行うことなく,同時に,建設的な議論を継続し,北朝鮮の具体的な行動を促していくとのトランプ大統領の決断を,我が国は全面的に支持する旨述べた。

2 トランプ大統領から,27日の金正恩委員長との1対1の会談の場で拉致問題について提起し,安倍総理のメッセージを明確に伝えたとの説明があった。また,その後の夕食会でも,拉致問題について首脳間での真剣な議論が行われたとの説明があった。

3 両首脳は,拉致,核・ミサイルの諸問題の解決に向けて,今後も日米で一層緊密に連携していくことで一致した。


このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る