ラトビア共和国

日・ラトビア外相会談

平成31年2月15日

英語版 (English)

  • 日・ラトビア外相会談1
  • 日・ラトビア外相会談2

 2月15日,現地時間午後5時30分(日本時間16日午前1時30分)から約30分間,ミュンヘン安全保障会議出席のためドイツを訪問中の河野太郎外務大臣は,エドガルス・リンケービッチ・ラトビア外務大臣(H.E. Mr. Edgars Rinkevics, Minister for Foreign Affairs of the Republic of Latvia)と日ラトビア外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭

 冒頭,河野大臣から,先月発足したカリンシュ新内閣の下で外相に再任されたリンケービッチ外務大臣に祝意を述べるとともに,重要なパートナーであるラトビアと,国際社会が直面する様々な課題の解決に向け協力していきたい旨述べました。これに対し,リンケービッチ大臣から,日本との間で特に経済や観光・情報技術等の分野で協力を進めていきたい旨述べました。

2 二国間関係

 河野大臣から,2017年12月及び2018年1月の短期間での両首脳による相互訪問以降続く活発な要人往来に触れ,2018年9月のJETROミッションによる日本企業のラトビア訪問等,経済分野での交流が進みつつあることを踏まえ,今後の同分野への協力強化への期待を述べました。両外相は,本年第2回会合をラトビアで開催予定の「日バルト協力対話」を通じて日バルト間の協力を促進していくことを確認しました。

3 日EU関係

 河野大臣から,ラトビアが日EU間の「戦略的パートナーシップ」(SPA)の欧州内での最初の批准国となったことに謝意を述べ,両外相は,両国がEUを通じても協力することの重要性を確認しました。また,両外相は英国のEU離脱をめぐる情勢についても意見交換しました。

4 その他

(1)両外相は,今月末に予定される第2回米朝首脳会談に向けて国際社会が一体となって米朝プロセスを後押しすべきとの考えで一致し,両国で緊密に連携していくことを確認しました。

(2)その他,様々な地域情勢につき幅広く意見交換しました。


このページのトップへ戻る
ラトビア共和国へ戻る