トルクメニスタン

メレドフ・トルクメニスタン副首相兼外務大臣による安倍総理大臣表敬

平成30年10月22日

 本22日午前9時50分から約30分間,安倍晋三内閣総理大臣は,訪日中のラシッド・メレドフ・トルクメニスタン副首相兼外務大臣(H.E. Mr. Rashid MEREDOV, Deputy Chairman of the Cabinet of Ministers and Minister of Foreign Affairs of Turkmenistan)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理大臣から,メレドフ副首相兼外務大臣の訪日を歓迎しつつ,2015年の両国首脳の相互訪問が実現して以来協力が大きく進展している旨指摘し,今後もトルクメニスタンにおける産業発展への日本の技術活用を期待する旨述べました。

2 これに対し,メレドフ副首相兼外務大臣から,トルクメニスタンはエネルギー分野等における我が国との協力を重視しており,これまでの日本による支援に感謝している旨述べるとともに,更なる協力を進めていきたいとの意向が表明されました。<

3 その他,引き続き経済・教育・文化等様々な分野における協力を深めていくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
トルクメニスタンへ戻る