核軍縮・不拡散

河野外務大臣とブガイスキーNPT運用検討会議第2回準備委員会議長との会談

平成30年4月24日

英語版 (English)

  • 河野外務大臣とブガイスキーNPT運用検討会議第2回準備委員会議長との会談1
  • 河野外務大臣とブガイスキーNPT運用検討会議第2回準備委員会議長との会談2

1 4月24日13時35分頃(日本時間20時35分頃),河野太郎外務大臣は,ジュネーブで開催中の2020年核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議第2回準備委員会に際して,ブガイスキー2020年核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議第2回準備委員会議長(在ウィーン・ポーランド代表部大使)との会談を行いました。

2 会談冒頭,河野大臣から,ブガイスキー大使の議長就任に祝意を述べた上で,今次準備委員会は2020年NPT運用検討会議に向けた機運を高めるためにも重要な会議であり,会議成功に向けて日本政府としてブガイスキー大使に協力を惜しまない旨述べました。その上で,「核軍縮の実質的な進展のための賢人会議」提言(PDF)別ウィンドウで開くを河野大臣から紹介し,この提言は,異なるアプローチを収斂させようとの試みであり,今次準備委員会の議長サマリーを作成する上での参考として頂きたい旨述べました。

3 ブガイスキー大使からは,核軍縮の進展に向けた日本のこれまでの取り組みを高く評価すると共に,今次提言については,現下の核軍縮を取り巻く状況の解決に向けて議論が必要な論点が網羅されていて価値が高いものであり,大変有益な提言であるとの評価を示しつつ,本提言を議長サマリーにも活かしていきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
核軍縮・不拡散へ戻る