ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)

令和4年7月29日

1 ハーグ条約の実施状況

 ハーグ条約の実施状況については、以下を御覧下さい。

 年度毎の実施法の実施状況(国会報告)については、以下を御覧ください。

(注)各年実施状況のうち、「1外務大臣に対する援助申請」に対する結果として記載されている「却下」とは、対象子の年齢、申請者及び対象子の所在国等に照らし、ハーグ条約に基づく援助の対象であると確認できなかったため却下されたものを指します。

(注)令和元年度の実施状況の「2裁判所に対する申立て」・「(3)実施法が適用される面会交流事件」・「ア申立件数」につき「0件」としていましたが、今般、最高裁判所から4件の追加報告がありました。ついては、最高裁判所における確認が必要となる平成28年度~令和2年度の面会交流事件の申立件数につき、現在確認中のため、当該申立件数に関する掲載部分を【確認中】としています。

ハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)へ戻る