国・地域

日米韓外相会合

平成29年8月7日

英語版 (English)

  • 日米韓外相会合1
  • 日米韓外相会合2
  • 日米韓外相会合3

 8月7日12時10分(現地時間)から約45分間,河野太郎外務大臣は,ASEAN関連外相会合の機会を捉え,ティラソン米国務長官及び康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官との間で,就任後初となる日米韓外相会合を行ったところ,概要以下のとおり。

1 冒頭,河野大臣は,7月28日のICBM級の弾道ミサイルの発射別ウィンドウで開くにより北朝鮮の脅威が格段に増大する中,日米韓協力の具体策を協議することは極めて有意義であると,本会合の開催を評価した。

2 また河野大臣は,今は圧力をかける局面であり,日米韓で緊密に連携していきたい旨を述べ,両長官から賛同を得た。

3 三外相は,北朝鮮問題への対処に当たっては,

  • 安保理決議第2371号を含む関連安保理決議(PDF)別ウィンドウで開くを中国,ロシア,ASEANを含め,国際社会全体が着実に実施するよう,日米韓で連携していくこと
  • 圧力強化に向けた今後の取組においても連携してくこと

 を改めて確認した。

4 拉致問題についても,河野大臣から,最重要課題であり,早期解決に向けASEAN関連外相会合においても強いメッセージを発信したいと述べ,理解と協力を求めたところ,米韓両国の支持を得た。


このページのトップへ戻る
国・地域へ戻る