パスポート(旅券)

令和5年12月27日
  1. 申請内容を確認する

 オンライン在留届(ORRネット)への登録を前提として、以下(1)~(4)の申請は原則すべての在外公館でオンライン申請が可能です。詳しくは各在外公館のホームページ等でご確認ください。

  • (1)パスポートを更新する(切替申請)
    対象者
    • 残存有効期間が1年未満となった方
    • 査証欄の余白が見開き3ページ以下の方
    切替申請(更新)の詳しい手順はこちら印刷用手順書はこちら(PDF)別ウィンドウで開く
  • (2)新しくパスポートを申請する(新規申請)
    対象者
    • 初めてパスポートを申請する方
    • パスポートの有効期間がすでに切れている方
  • (3)氏名や本籍等を変更する(注1)
    対象者
    • 結婚や養子縁組等により、戸籍上の姓に変更があった方
    • 本籍地の都道府県に変更があった方
    • 国際結婚等により、配偶者の姓を別姓として追記する方
  • (4)紛焼失を届け出て、新しくパスポートを申請する(紛失届及び新規申請)
    • パスポートを紛失、焼失した方、盗難にあった方
      (紛焼失届出及び、新規発給の申請を同時に行います)
    (注1)記載事項に変更が生じた場合には、新規のパスポート(10年または5年)または残存有効期間同一旅券(変更前のパスポートの有効期間満了日と同一の新しいパスポート)の申請をしてください。
    (注2)紛失届出により、紛焼失したパスポートは失効しますので、後日、見つかった場合でも使用することはできません。ご注意ください。
  1. 申請に必要なものを準備する
  • オンライン在留届(ORRネット)別ウィンドウで開くへの登録
  • パスポート申請(海外在留邦人用)アプリ
  • カメラ付き、NFC対応スマートフォン
  • 現在有効なパスポート(上記1の(1)切替申請、(3)記載事項変更の場合)
  • 戸籍謄本(上記1の(2)新規申請、(3)記載事項変更、(4)紛失届及び新規申請の場合) 原則、原本を窓口に提出いただきますが、一部公館では郵送による提出が可能な場合があります。申請予定の在外公館ホームページ等にてご確認ください。
  1. オンライン在留届(ORRネット)から申請する
  1. 写真及び署名
  • 顔写真(パスポート用)は、アプリ内で撮影するか、写真館等で撮影した写真データをアップロードすることも可能です。
  • 自署(ご自身のサイン)は、白い紙に書いてご用意いただき、アプリ内で撮影するか、あらかじめ撮影した自署画像データをアップロードすることも可能です。(署名は黒くはっきり書き、写真撮影時に影が入らないようにご注意ください。)
  • 詳しくは「オンライン申請における顔写真および自署画像の注意点」をご確認ください。
  1. オンライン申請画面の案内に従い、操作を行う
  2. 疎明資料を添付する

 申請に必要な疎明資料については、申請先公館一覧をご確認ください。

  1. クレジットカードによるオンライン納付
  1. その他申請時の注意点
 
  1. 申請後から受け取りまで
  • 新しいパスポートが発行されたら6か月以内に受け取ってください。6か月以内にお受け取りがない場合、パスポートは失効します(未交付失効)。また、未交付失効後5年以内に次のパスポートを申請する際には、通常より高い手数料となりますのでご注意ください。
 
  1. 申請手続きで困ったら
パスポート(旅券)へ戻る