パスポート(旅券)

令和5年11月28日

 パスポートの申請についての個別のご質問や詳細については、各都道府県のパスポート申請窓口までお願いします。

 令和5年3月27日から、パスポート更新がマイナンバーカードを使ってマイナポータル別ウィンドウで開くからオンラインでできるようになりました。(政府広報オンライン別ウィンドウで開く

 15歳未満の未成年のオンライン申請については代理提出が必要です。また15 歳、16 歳、17 歳の本人によるオンライン申請の場合、法定代理人(親権者)の同意書の提出が必要です。詳しくはこちら(未成年のオンライン申請について)をご確認ください。(PDF)別ウィンドウで開く

 新しいパスポートが発行され、6か月以内にお受け取りがない場合、パスポートは失効します。失効後5年以内に次のパスポートを申請する際には、通常より高い手数料となりますのでご注意ください。詳しくはこちらをご参照ください。

  1. 申請内容を確認する

 以下(1)は全ての都道府県でオンライン申請が可能です。以下(2)~(4)は一部地域でのみ、オンライン申請が可能です。申請先の旅券事務所が以下(2)~(4)のオンライン申請に対応しているかどうかは、各都道府県のホームページ等でご確認ください(注1)。

  • (1)パスポートを更新する(切替申請)
    対象者
    • 残存有効期間が1年未満となった方
    • 査証欄の余白が見開き3ページ以下の方
    切替申請(更新)の詳しい手順はこちら印刷用手順書はこちら(PDF)別ウィンドウで開く
  • (2)新しくパスポートを申請する(新規申請)
    対象者
    • 初めてパスポートを申請する方
    • パスポートの有効期間がすでに切れている方
  • (3)氏名や本籍等を変更する(注2)
    対象者
    • 結婚や養子縁組等により、戸籍上の姓に変更があった方
    • 本籍地の都道府県に変更があった方
    • 国際結婚等により、配偶者の姓を別姓として追記する方
  • (4)紛焼失を届け出て、新しくパスポートを申請する(紛失届及び新規申請) (注3)
    • パスポートを紛失、焼失した方、盗難にあった方

 (注1)オンライン申請の対応状況は、マイナポータルアプリ上の受け取り窓口を選択する画面でも確認することができます。受け取り窓口に「切替申請のみ対応」と表示がある場合は、上記(2)~(4)のオンライン申請はできませんのでご注意ください。

 (注2)記載事項に変更が生じた場合には、新規のパスポート(10年または5年)または残存有効期間同一旅券(変更前のパスポートの有効期間満了日が同一の新しいパスポート)の申請をしてください。

 (注3)紛焼失届出及び新規発給の申請を同時に行います(新規申請を受け付けている窓口のみ対応しています)。また、紛失届出により、紛焼失したパスポートは失効しますので、後日、見つかった場合でも使用することはできません。ご注意ください。

  1. 申請に必要なものを準備する

 (注)発給審査等により追加的に関係書類等の提出をお願いすることがありますので、ご留意ください。

 (参考)窓口申請の場合に必要な書類については、こちらをご覧ください。

  1. マイナポータルから申請する
    詳しい操作方法はマイナポータルの「パスポート申請」からご確認ください。別ウィンドウで開く
  1. 写真及び署名
  • 顔写真(パスポート用)は、アプリ内で撮影するか、写真館等で撮影した写真データをアップロードすることも可能です。
  • 自署(ご自身のサイン)は、白い紙に書いてご用意いただき、アプリ内で撮影するか、あらかじめ撮影した自署画像データをアップロードすることも可能です。(署名は黒くはっきり書き、写真撮影時に影が入らないようにご注意ください。)
  • 詳しくは「オンライン申請における顔写真および自署画像の注意点」をご確認ください。
  1. オンライン申請画面の案内に従い、操作を行う
    詳しい操作方法はマイナポータルの「パスポート申請」からご確認ください。別ウィンドウで開く
  2. クレジットカードによるオンライン納付
  1. その他申請時の注意点

  1. 申請後から受け取りまで
  1. 申請手続きで困ったら
パスポート(旅券)へ戻る