フィリピン共和国

日・フィリピン外相夕食会

令和元年8月2日

  • 日・フィリピン外相夕食会1
  • 日・フィリピン外相夕食会2

 ASEAN関連外相会議に出席のためタイを訪問中の河野太郎外務大臣は,本2日,午後7時25分から約70分間,テオドロ・ロクシン・フィリピン共和国外相(Hon. Mr. Teodoro Lopez Locsin Jr., Secretary of Foreign Affairs of the Republic of the Philippines)と夕食会を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 河野大臣から,冒頭,日本フィリピン両国が戦略的パートナーとして緊密に連携していくことの重要性に触れた上で,ドゥテルテ政権が重点的に取り組むインフラ整備支援や環境対策等の分野への日本の継続的な支援を表明しました。このほか,河野大臣から,両国共通の課題である自然災害に対応し,マニラ首都圏の橋梁の耐震性を更に向上させるために円借款を供与する方針である案件概要(PDF)別ウィンドウで開く)旨述べました。
 これに対し,ロクシン外務大臣から,日本による長年の協力に謝意を述べ,両国関係の更なる発展のため,引き続き協力していきたいと述べました。

2 両大臣は,6月に行われた日フィリピン外務・防衛当局間(PM)協議及び海洋協議において実りある対話が行われたことを歓迎し,防衛装備品の移転や共同訓練などを含む安全保障協力を進めていくことで一致しました。

3 双方は,拉致問題を含む北朝鮮情勢や南シナ海問題を含む地域情勢についても意見交換を行い,今後も緊密に連携していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
フィリピン共和国へ戻る