ラオス人民民主共和国

パーニー・ラオス国民議会議長による安倍総理大臣表敬

平成31年3月19日

  • 表敬を受ける安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)
  • 表敬を受ける安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)
  • 表敬を受ける安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)

 本19日,午後4時35分から約20分間,安倍晋三内閣総理大臣は,衆議院招へいにより訪日中のパーニー・ヤートートゥ・ラオス人民民主共和国国民議会議長(H.E. Mrs. Pany YATHOTOU, President of National Assembly, Lao People's Democratic Republic)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

1 安倍総理大臣から,パーニー議長の訪日を歓迎する,日本とラオスは「戦略的パートナーシップ」の下,伝統的に友好関係を築いている,パーニー議長の訪問を通じて,日・ラオス関係の一層の強化を期待する,トンルン首相から御要望のあった財政安定化支援ダム決壊に伴う水害からの復興支援につき,今般正式に無償資金協力を決定した,両国の法制度整備協力で起草された民法典が昨年末,ラオス国民議会で承認されたことを嬉しく思う旨述べました。これに対し,パーニー議長から,今次の訪日につき説明があり,長年の日本からの支援,特にダム決壊からの復興支援に対し,ラオス政府を代表し感謝申し上げる,引き続き,経済面,観光面で人的交流を進め,緊密に連携していきたいとの反応がありました。

2 双方は,北朝鮮情勢についても議論を行い,安倍総理大臣から拉致問題の早期解決への理解と協力を求めました。


このページのトップへ戻る
ラオス人民民主共和国へ戻る