カンボジア王国

日・カンボジア外相会談

平成30年8月4日

英語版 (English)

  • 日・カンボジア外相会談1
  • 日・カンボジア外相会談2
  • 日・カンボジア外相会談3

 8月4日,午後5時30分(日本時間午後6時30分)から約40分間,ASEAN関連外相会議に出席のため,シンガポールを訪問中の河野太郎外務大臣は,プラック・ソコン・カンボジア王国上級大臣兼外務国際協力大臣(H. E. Mr. Prak Sokhonn, Senior Minister and Minister of Foreign Affairs and International Cooperation, Kingdom of Cambodia)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,河野大臣から,7月の豪雨被害に際し,プラック・ソコン外相及び多くのカンボジア国民からのお見舞いに対し感謝を述べました。その上で,本日の会談では,今後の両国関係を中心に議論したい旨述べました。これに対し,プラック・ソコン外相から,日本が疲れることなくカンボジアを支援してくれていること及び選挙改革支援に対し謝意が表明されました。

2 河野大臣から,日本は,先月の選挙が国民の意思を適切に反映した形で実施されることを重視し,必要な支援や働きかけを行ってきたが,本選挙で無効票が多く出る等様々な点について,残念である旨述べました。その上で,日本は,カンボジアの和平以来,開発と民主的発展の道を支えてきた友人として,カンボジアが,そのような道を引き続き歩むことを望むと述べた上で,そのためにも,国内政治関係者が対話を持ち,国民の自由・権利を守り,民主的プロセスを促進していくことで,全ての国民が団結し,更に力強く国の開発を進めていくことを期待する,日本もそのための協力を惜しまない旨述べました。これに対し,プラック・ソコン外相から,カンボジア政府の原則的立場の表明がありました。

3 なお,本会談では,河野大臣からプラック・ソコン大臣に対し,贈呈品(注)を手渡しました。

(注)贈呈品はマンガデザイナーズラボ作製の日ASEAN各国外相の似顔絵。


このページのトップへ戻る
カンボジア王国へ戻る