報道発表

食料安全保障シンポジウム「ロシアのウクライナ侵略から見る日本と世界の食料安全保障」の開催

令和4年3月24日

 3月31日、午後4時から午後6時まで、外務省は、食料安全保障シンポジウム「ロシアのウクライナ侵略から見る日本と世界の食料安全保障」をオンラインで開催します。

  1. ロシアによるウクライナ侵略は、日本及び世界の食料安定供給への脅威として顕在化しています。また、新型コロナウイルス、気候変動等の新たな課題により、私達を取り巻く食料をめぐる環境はかつてなく複雑化しているといえます。
    本シンポジウムでは、多様な有識者の参加を得て、これらの影響を一緒に考え、日本の食料安全保障問題の理解を深める機会にしたいと考えています。
  2. 当日は、小田原潔外務副大臣が主催者として挨拶を行い、マキシモ・トレロ氏(国連食糧農業機関(FAO)チーフエコノミスト)及び柴田明夫氏(資源・食糧問題研究所代表)による基調講演をいただく予定です。第1部では「食料安全保障の国際政治」と題して、江崎道朗氏(評論家・拓殖大学大学院客員教授)、岡部芳彦氏(神戸学院大学経済学部教授)、平澤明彦氏(農林中金総合研究所執行役員兼基礎研究部長)を招いて、パネルディスカッションを行います。また、第2部では「今そこにある食料問題」と題して、高岡豊氏(中東問題専門家)、須藤拓也氏(双日(株)生活産業・アグリビジネス本部食料事業部長(4月から))、タレントの吉木りさ氏をお招きして食料安全保障をより身近に感じられるパネルディスカッションを行う予定です。
[参考1]参加登録方法

 ZOOMのウェビナー登録画面別ウィンドウで開くよりご登録ください。アクセス数に限りがあるため、お申し込み多数となった場合、事前に登録受付を終了することがございます。

[参考2]

【緊急企画】ロシアのウクライナ侵略から見る日本と世界の食料安全保障開催のご案内(3月31日)


報道発表へ戻る