報道発表

モザンビークにおけるサイクロン被害に対する国際緊急援助隊・専門家チーム及び同医療チームの派遣

平成31年3月27日

英語版 (English)

  1. 1 本27日,我が国政府は,モザンビーク共和国におけるサイクロン被害に対し,同国政府からの要請を受け,国際緊急援助隊・専門家チーム及び同医療チームを派遣することを決定しました。専門家チームは,本27日,医療チームは28日に現地に向けて出発する予定です。

    2 我が国としては,モザンビーク政府の要請を踏まえ,また人道的観点及びモザンビークとの友好関係に鑑み,人道支援のため緊急援助を行うこととしたものです。

    3 国際緊急援助隊・専門家チームは効率的かつ効果的な援助調整を行うための医療チームによる診療実績のデータ管理支援を,同医療チームは被災者に対する医療活動等を実施する予定です。

    [参考]
     3月中旬以降,南部アフリカで発生したサイクロンがモザンビーク中北部に上陸したことに伴い,大規模な豪雨・洪水被害が発生し,死傷者を含む多数の被災民と物的被害をもたらした。モザンビーク政府によると,3月24日時点の被害状況は,死者446人,被災者は約52万人に上っている。
     既にモザンビークに対しては,同日付で緊急援助物資を供与することも決定しており,同じ事案に対する緊急援助案件としては2件目。
     また,このサイクロンの影響により,モザンビーク以外にも,マラウイ,ジンバブエ等の広範囲で被害が発生しており,国連によれば,これら3か国で最低でも700人の死者を出し,未だ数百人が行方不明である等各国で死傷者や家屋への甚大な被害が発生している。なお,マラウイに対しては,今月22日に緊急援助物資の供与を決定している。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る