報道発表

日本国とトルコ共和国との間の経済連携協定(EPA)に向けた共同研究報告書の発表

平成25年7月31日

    1.  2012年7月、日本側外務大臣及び経済産業大臣とトルコ側経済大臣との間で第1回日・トルコ貿易・投資閣僚会合(TRINS)が開催され、日トルコ経済連携協定(EPA)につき、両国間で共同研究を立ち上げることにつき一致しました。

    2.  2012年11月、2013年2月の2度の会合において、両国の官民関係者からなる共同研究グループは、あり得べき日・トルコEPAの要素等につき議論を行いました。

    3.  これらの会合の開催を通じて実施された共同研究の成果が、今般報告書としてまとまりました。この報告書のポイントは以下のとおりです。

      (1)日本とトルコは補完的な貿易関係を有しており、近年着実に貿易・投資額を拡大してきているものの、未だ両国の持つ潜在力が十分に引き出されているとは言い難い。

      (2)物品の貿易、サービス貿易、投資を始めとする15の経済分野について包括的に議論を行った結果、共同研究グループは、日本とトルコの間での包括的かつ高いレベルの世界貿易機関(WTO)に整合的なEPAが、両国に多大な利益をもたらし、両国間の経済関係を更に強化するであろうとの認識を示した。共同研究グループは、日本国政府とトルコ共和国政府が両国間のEPAのための交渉を開始することを提言する。



Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る