報道発表

チャドに対する国連世界食糧計画(WFP)を通じた無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換

令和元年10月2日

  1. 1 10月1日(現地時間同日),チャド共和国の首都ンジャメナにおいて,我が方大澤勉駐カメルーン大使と先方サリー・ヘイドック国連世界食糧計画(WFP)カメルーン事務所長臨時代理(Ms. Sally HAYDOCK, Representative and Country Director of WFP Chad a.i.)との間で,チャドに対するWFPを通じた食糧援助として,供与額3億円の無償資金協力に関する書簡の署名・交換が行われました。

    2 チャドは国土の約3分の2が砂漠地帯であるという制約から,伝統的に綿花と畜産業を中心とした内陸国であり,2018年の世界飢餓指数は119か国中118位,一人当たりの国民総所得(GNI)は約630ドルであり,最貧国のひとつです。同国の社会セクターの開発の遅れは顕著であり,多くのチャド人は貧困や食料・栄養危機に直面しているところ,同国国民の生活環境改善に資する取り組みが喫緊の課題となっています。

    3 この協力は,チャド政府の要請を踏まえ,WFPを通じ,食料を供与することにより,同国の食料事情を改善し,開発課題の解決に寄与すること等を目的として,実施するものです。

    4 我が国は,2019年8月に開催した第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において,「強靱かつ持続可能な社会の構築への貢献」を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,この協力は同表明を具現化するものです。

    [参考]チャド共和国基礎データ
     チャド共和国の面積は約128.4万平方キロメートル(日本の約3.4倍),人口は約1,489万人(2017年,世界銀行),一人当たりGNI(国民総所得)は630米ドル(2017年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る