報道発表

サモアに対する国際貨客船の供与に係る無償資金協力に関する書簡の交換

令和元年10月2日

  • 署名式に立ち会う両首脳
    (写真提供:内閣広報室)
  • 署名式に立ち会う両首脳
    (写真提供:内閣広報室)
  1. 1 本2日,東京において,安倍晋三内閣総理大臣及びトゥイラエパ・ファティアロファ・ルペソリアイ・サイレレ・マリエレガオイ・サモア首相(Hon Tuilaepa Fatialofa Lupesoliai Sailele MALIELEGAOI, Prime Minister, Independent State of Samoa)の立ち会いの下,我が方若宮健嗣外務副大臣と先方駐日サモア独立国大使ファアラヴァアウ・ペリナ・ジャックリーン・シラ・ツアラウレレイ閣下(Her Excellency, Mrs. Faalavaau Perina Jacqueline SILA-TUALAULELEI, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Independent State of Samoa to Japan)との間で,無償資金協力(経済社会開発計画,供与額計25億円)に関する書簡の交換が行われました。

    2 サモア独立国は,主要2島及びその他7つの小島からなる島嶼国であり,その地理的状況から海上輸送に大きく依存しています。同国最大の輸出先である米領サモアには多くの農産物及び海産物が輸出されており,米領サモアとの交流は同国の社会経済にとって不可欠です。現在,同国と米領サモアを繋ぐ唯一の貨客船であるレディ・ナオミ号は,年間約1万人の旅客と約1,000トンの貨物輸送を担い,同国にとって不可欠な海上輸送手段となっていますが,船齢が19年と古く,鋼板の腐食が進んでいるほか艇体にひびが入る等,老朽化が進んでおり,新たな国際船の建造が喫緊の課題となっています。

    3 この協力では,サモア政府に対し,我が国で製造された貨客船と船舶等関連機材等を供与することにより,同国の海上輸送網及び太平洋島嶼国の連結性の強化を図り,もって社会の安定化を通じた同国の経済社会開発に寄与することが期待されます。

    4 この協力は,昨年5月18日及び19日に福島県いわき市において開催された第8回太平洋・島サミットにおいて,我が国政府が表明した支援の柱である「強靱かつ持続可能な発展の基盤強化」及び「自由で開かれた持続可能な海洋」に資する協力(PDF)別ウィンドウで開くとして実施するものです。

    [参考1]サモア独立国基礎データ
     サモアは,面積2,830平方キロメートル(東京都の約1.3倍),人口約20万人(2017年,世界銀行),1人当たり国民総所得(GNI)は4,190米ドル(2018年,世界銀行)。

    [参考2]第8回太平洋・島サミット
    (1)第8回太平洋・島サミット(PALM8)は2018年5月18日及び19日に福島県いわき市において開催。16の太平洋島嶼国・地域及びオーストラリア・ニュージーランドの首脳級等が出席。サモアからはトゥイラエパ首相が参加した。

    (2)我が国は,PALM8において,(ア)自由で開かれた持続可能な海洋,(イ)強靱かつ持続可能な発展の基盤強化,(ウ)人的交流・往来の活性化の3つを柱として,今後3年間でこれまでの実績も踏まえた,従来同様の,しっかりとした開発協力の実施及び成長と繁栄の基盤である人材の育成・交流の一層の強化を表明した。

     

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る