報道発表

チャドに対する治安対策のための無償資金協力に関する書簡の交換

令和元年10月2日

  1. 1 10月1日(現地時間同日),チャド共和国の首都ンジャメナにおいて,我が方大澤勉駐カメルーン大使と先方イッサ・ドゥブラニュ経済・開発計画大臣(Mr. Issa DOUBRAGNE, Minister of Economy and Development Planning)との間で,供与額3億円の無償資金協力「経済社会開発計画」に関する書簡の署名・交換が行われました。

    2 チャドは,国連人間開発指数で188か国中186位に位置づけられる,世界最貧国の一つです。2014年以降には,チャド湖周辺地域における暴力的過激組織やテロ組織の活動が活発化しています。また,そのような状況下で,多くの難民・国内避難民が発生し,大規模な人道危機が生じており,チャドにおける社会安定化が課題となっています。

    3 この計画は,チャド政府に対し,テロ対策機材を供与することにより,同国の平和と安定の促進に貢献するものです。

    4 我が国は,2019年8月に開催した第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において,安定的で信頼される制度の構築とガバナンスの強化に取り組むことを表明別ウィンドウで開くしており,この協力は同表明を具体化するものです。

    [参考]チャド共和国基礎データ
     チャド共和国の面積は約128.4万平方キロメートル(日本の約3.4倍),人口は約1,489万人(2017年,世界銀行),一人当たりGNI(国民総所得)は630米ドル(2017年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る