報道発表

モーリタニアに対する不法移民・テロ対策能力向上のための無償資金協力に関する書簡の交換

令和元年9月26日

  1. 1 9月25日(現地時間同日),モーリタニア・イスラム共和国の首都ヌアクショットにおいて,我が方江原功雄駐モーリタニア大使と先方シェイク・エル・ケビル・ムーライ・ターヘル経済・産業大臣(H.E.Mr. Cheikh El Kebir MOULAYE TAHER, Minister of Economy and Industry)との間で,供与限度額を2億円とする無償資金協力「経済社会開発計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 モーリタニアは,「貧困の削減」,「テロとの戦い」,「汚職の撲滅」を国家政策の三本柱として積極的な取組を進めており,特に国境の警備体制の強化が喫緊の課題となっています。

    3 この協力は,同国内務省に対してパトロール用車輌等の治安機材を供与することにより,セネガルとの国境ポストの警備を強化し,不法移民の防止・抑制を図り,テロ組織のモーリタニアへの侵入を食い止め,テロ拡散阻止に寄与することが期待されます。

    4 我が国は,2019年8月に開催した第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において,安定的で信頼される制度の構築とガバナンスの強化に取り組むことを表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,この協力は同表明を具体化するものです。

    [参考]モーリタニア・イスラム共和国基礎データ
     モーリタニアの面積は約103万平方キロメートル(日本の約2.7倍),人口は442万人(2017年,世界銀行),人口一人当たり国民総所得(GNI)は1,100米ドル(2017年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る