報道発表

ブルンジに対する食料安全保障改善のための無償資金協力に関する書簡の交換

令和元年9月10日

  1. 1 本10日(現地時間9日),ブルンジ共和国のブジュンブラにおいて,我が方宮下孝之駐ブルンジ大使(ルワンダにて兼轄)と先方エゼギエル・ニビギラ外務大臣(H.E.Amb. Ezéchiel NIBIGIRA, Minister of Foreign Affairs)との間で,供与限度額を3億円とする無償資金協力「食糧援助」に関する書簡の交換が行われました。

    2 ブルンジは,国土が山がちで耕地面積が限定されているだけでなく,天水農業に依存しているため,気候変動の影響を強く受けており,人口の50%が慢性的に食料不足に陥っているなど,深刻な食料危機状態にあります。また,外貨不足により,海外からの食糧調達が困難であることに加え,食料品を中心とした物価上昇も日常生活に影響を与えています。

    3 この協力は,食料不足に直面している同国に対し,食料安全保障と栄養状態の改善等を目的として,我が国政府米(約3,700トン)による食糧援助を実施するものです。

    4 我が国は,2019年8月に開催した第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において,「強靱かつ持続可能な社会の構築への貢献」を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,この協力は同表明を具体化するものです。

    [参考]ブルンジ共和国基礎データ
    ブルンジ共和国の面積は約2.78万平方キロメートル(四国の約1,5倍),人口は1,117万人(2018年,世界銀行),人口一人当たり国民総所得(GNI)は280米ドル(2018年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る