報道発表

故・天野国際原子力機関事務局長の業績を称えて実施する事業

令和元年9月10日

英語版 (English)

  1. 1 外務省は,故・天野之弥国際原子力機関(IAEA)事務局長の業績を称える取組を実施します。

    2 天野事務局長が掲げた「平和と開発のための原子力」の象徴である,IAEAサイバースドルフ原子力応用研究所(オーストリア所在)の改修事業を完遂させるため,100万ユーロの支援を行うことを決定しました。

    3 また,天野事務局長のような,軍縮・不拡散分野に精通した国際的な人材を育成するための取組も行っていきます。

    4 IAEAサイバースドルフ研究所については,有志国が中心となって,同研究所の研究棟に天野事務局長の名前を冠するための調整も行われています。さらに,米国のジェームズ・マーティン不拡散研究センターでも,天野事務局長の名を冠した奨学金を創設する動きがあります。

    5 IAEAサイバースドルフ研究所には,多くの国々からこれまでも資金面での支援が寄せられており,外務省としては,これらの支援を歓迎しています。今後様々な取組によって,天野事務局長の志と業績が後世に長く受け継がれ,国際社会の平和と安定の促進につながっていくことを期待しています。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る