報道発表

コンゴ民主共和国東部におけるエボラ出血熱の流行に対する国際緊急援助隊・感染症対策チームの派遣

令和元年8月19日

英語版 (English)

  1. 1 今般,我が国は,コンゴ民主共和国東部におけるエボラ出血熱の流行に対し,同国政府からの要請を受け,現地で活動中の調査チームを本19日より国際緊急援助隊・感染症対策チームとして活動に従事させることを決定しました。

    2 また,我が国は,同国へ国際緊急援助隊・感染症対策チーム二次隊を派遣することを決定しました。二次隊は,23日に現地に向けて出発する予定です。

    3 同チームはコンゴ民主共和国政府や国際機関と協力しつつ,同国において,感染拡大を防ぐための検疫強化等の活動を行う予定です。

    [参考1]
    (1)コンゴ民主共和国北キブ州及びイツリ州における第10次エボラ出血熱流行は,昨年8月の発生から1年以上経つ今も収束の気配を見せておらず,本年7月16日(現地時間),WHOは現状が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」に該当する旨宣言した。

    (2)WHOの発表によると,8月12日時点の症例数は2,837件,その内死亡数は1,898名。

    [参考2]
     国際緊急援助隊・感染症対策チームは,外務省員,感染症専門家,JICA職員等で構成される。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る