報道発表

河野外務大臣の対太平洋島嶼国政策に関する政策スピーチ

令和元年8月5日

英語版 (English)

  1. 1 本5日,午前9時25分(現地時間,日本時間午前6時25分)から約30分間,河野太郎外務大臣は,日本の支援で建設された南太平洋大学のICTセンターにおいて,約200名の学生・教員等・各国外交団・現地メディア等に対して,日本の対太平洋島嶼国政策に関する政策スピーチ仮訳(PDF)別ウィンドウで開く英文(PDF)別ウィンドウで開く)を行いました。

    2 河野大臣は,これまでの日本の対太平洋島嶼国政策及び日・太平洋島嶼国関係を振り返った上で,今後,我々「太平洋人」として,「AOI(碧い)未来」のため,太平洋島嶼国地域に対して投入するリソースを増強し,同志国とも連携しつつ,(1)安定・安全の確保,(2)強靱かつ持続可能な発展,(3)人的交流・往来の活性化の3つの取組を行っていく旨表明しました。

    3 また,第4回太平洋・島サミット(PALM)中間閣僚会合を,来年半ばに,フィジーで開催することを表明しました。

    (AOI= Active, Opportunity-filled, and Innovative)

    なお,スピーチの様子については,YouTube別ウィンドウで開くでご覧になれます。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る