報道発表

辻外務大臣政務官の太平洋同盟関連会合への出席

令和元年7月2日

  1. 1 7月4日から7日まで,辻清人外務大臣政務官は,太平洋同盟関連会合への出席のため,ペルー共和国を訪問する予定です。

    2 辻政務官は,5日,第14回太平洋同盟首脳会合にあわせて開催される太平洋同盟閣僚とオブザーバー国との会合に,オブザーバー国である日本代表として参加し,国際社会共通の課題解決に向け我が国に近い立場を有する太平洋同盟構成国の4か国(メキシコ,コロンビア,ペルー,チリ)との今後の連携のあり方について議論する予定です。

    3 また,今後の日本と太平洋同盟との協力の枠組みを定める共同宣言及び行動計画に関する文書交換式に,太平洋同盟諸国の閣僚と共に出席する予定です。

    [参考1]辻政務官出張日程

    7月4日 成田発
    5日 リマ(ペルー)着
    6日 リマ(ペルー)発
    7日 成田着

    [参考2]太平洋同盟(The Pacific Alliance)
     チリ,コロンビア,メキシコ,ペルーからなる中南米の太平洋側諸国の経済統合体。2011年4月設立。加盟国間で自由貿易協定を締結しており,設立の大きな目標として加盟国間の経済連携の更なる深化とアジア太平洋地域との関係強化を掲げる。日本は2013年1月にオブザーバー参加。2018年9月には,日・太平洋同盟閣僚級会合を実施し,同会合が日・太平洋同盟の具体的な協力に結実することへの期待が双方から表明されていた。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る