報道発表

マダガスカルに対する一般文化無償資金協力
「マダガスカル国営テレビ局番組制作機材及び番組ソフト整備計画」に関する書簡の交換

平成31年3月28日

  1. 1 3月27日(現地時間同日),マダガスカル共和国のアンタナナリボ市において,山田賢司外務大臣政務官立会いの下,我が方小笠原一郎駐マダガスカル大使と先方アジュ・アンジアナイナリヴェル外務大臣臨時代理(H.E. Mr. Hajo ANDRIANAINARIVELO)との間で,供与限度額を1億6,370円とする一般文化無償資金協力「マダガスカル国営テレビ局番組制作機材及び番組ソフト整備計画」に関する書簡の署名・交換が行われました。

    2 この協力は,マダガスカル国営テレビ局に対して,テレビ番組制作に必要な機材及び番組ソフトの整備を行うものです。

    3 この協力により,マダガスカル国営テレビ局の番組制作能力向上を図ることで,同局による安定的で多様な自主番組の制作を可能にし,ひいては,マダガスカル国民に提供される情報の多様化や放送を通じた学びの機会拡大が期待されます。

    [参考]マダガスカル共和国基礎データ
     マダガスカル共和国は,面積約59万平方キロメートル(日本の約1.6倍),人口2,557万人(2017年,世界銀行)人口一人あたりの国民総所得(GNI)は400米ドル(2017年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る