報道発表

阿部外務副大臣とバロン・ドミニカ国外務・カリコム担当大臣との会談

平成31年3月24日

英語版 (English)

  1.  本24日,午後2時35分から約35分間,阿部俊子外務副大臣は,第5回国際女性会議(WAW!/W20)出席のため訪日中のフランシーン・バロン・ドミニカ国外務・カリコム担当大臣(Sen. the Hon. Francine Baron, Minister for Foreign and CARICOM Affairs of the Commonwealth of Dominica)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 阿部副大臣から,バロン大臣の訪日を歓迎しつつ,基本的価値を共有する重要なパートナーであるドミニカ国との間で,二国間関係及び日・カリコム関係を一層強化していきたい旨述べました。また,日本は,2017年のハリケーン・マリアにより甚大な被害を受けたドミニカ国国民及び政府の復興と災害への耐性強化に向けた取組を支援するとともに,小島嶼国特有の脆弱性の克服に向け,引き続き必要な支援を行う旨述べました。

    2 これに対し,バロン大臣から,日本との友好協力関係を一層強化したい旨述べるとともに,ハリケーン・マリアの被害に対する日本の支援に感謝を表明しつつ,災害からの復興に向けた譲許的資金へのアクセスや強靱性強化の必要性等,ドミニカ国等の小島嶼国が抱える課題に対する理解を求めました。

    3 両者は,安保理改革等の国際場裡における諸課題についても意見交換を行い,協力関係を深化させていくことを確認しました。

    • [参考]カリコム(カリブ共同体)
    • (1)1973年,チャガラマス協定に基づき設立。カリコム事務局はガイアナに設置。
    • (2)域内の経済統合や外交政策の調整,保健医療,教育等に関する協力の促進を目的とした地域機関。
    • (3)加盟国は以下の14か国及び1地域。
    •   アンティグア・バーブーダ,バハマ,バルバドス,ベリーズ,ドミニカ国,グレナダ,ガイアナ,ハイチ,ジャマイカ,セントクリストファー・ネーヴィス,
    •   セントルシア,セントビンセント及びグレナディーン諸島,スリナム,トリニダード・トバゴ,英領モンセラット

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る