報道発表

ヨルダンにおける防災能力の向上のための無償資金協力に関する書簡の交換

平成31年3月6日

  1. 1 3月5日,ヨルダン・ハシェミット王国の首都アンマンにおいて,我が方柳秀直駐ヨルダン大使と先方マーリー・カウワール・ヨルダン・計画・国際協力大臣(H.E. Dr. Mary Kawar, Minister of Planning and International Cooperation)との間で,供与額5億円の無償資金協力「経済社会開発計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 ヨルダンでは,約130万人ともいわれるシリア難民の流入による急激な人口増加を受けて,消防出動件数が大幅に増加しています。一方,シリア難民の受入れに伴い財政負担が増加し,財政状況が厳しくなっているため,消防救急体制整備が追いついておらず,防災能力を向上させることは同国における喫緊の課題となっています。

    3 この協力は,同国政府に対し,消防車両を供与することにより,防災能力の向上を図り,もって社会の安定化を通じた二国間関係の強化及びヨルダンの経済社会開発に寄与するものです。

    4 また,2018年11月に東京で行われた日・ヨルダン首脳会談において,安倍総理大臣からアブドッラー国王に対し,ヨルダンの安定と発展のため引き続き支援を行う旨表明しており,この協力は,同表明を具体化するものです。

    [参考]ヨルダン基礎データ
     ヨルダンの面積は約8万9,000平方キロメートル(日本の約4分の1),人口は約945万5,000人(世界銀行,2016年),一人当たり国民総所得(GNI)は約3,920米ドル(世界銀行,2016年)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る