報道発表

原子力エネルギーに関する日仏委員会第8回会合の開催

平成30年11月22日

英語版 (English)

  1. 1 11月21日,フランスのパリにおいて,吉田朋之外務省軍縮不拡散・科学部長及びフランソワ・ジャック・フランス原子力・代替エネルギー庁長官(Dr. François Jacq, General Administrator, Alternative Energies and Atomic Energy Commission (CEA))の共同議長の下,原子力エネルギーに関する日仏委員会第8回会合が開催されました。

    2 この会合では,両国の原子力エネルギー政策,原子力安全協力,使用済燃料の管理を含めた核燃料サイクル,放射性廃棄物の管理,高速炉を含めた研究開発,廃炉及び環境回復並びに産業協力について意見交換を行いました。また,双方は,民生原子力分野における日仏間の協力を高く評価し,更に強化することを確認しました。

    3 委員会は,世界における原子力及び原子力関連技術を促進するにあたり,最高水準の原子力安全,核セキュリティ及び不拡散の重要性について一致しました。

    4 次回の会合は,2019年に日本で開催される予定です。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る