報道発表

武器貿易条約第4回締約国会議の開催

平成30年8月8日

英語版 (English)

  1. 1 8月20日から24日まで,東京において,武器貿易条約(ATT:Arms Trade Treaty)第4回締約国会議(CSP4:Fourth Conference of States Parties)が開催されます。締約国会議(CSP:Conference of States Parties)がアジア太平洋地域で開催されるのは初めてのことであり,髙見澤將林軍縮会議日本政府代表部大使がこの会議の議長を務めます。

    2 ATTは,国際的及び地域的な平和及び安全に寄与するため,戦車,戦闘用航空機,軍艦,小型武器といった通常兵器の輸出入等を規制する措置等について定める初の国際条約であり,平成26年12月に発効しました。

    3 現在(平成30年7月末現在)96の国・地域が締約国となっており,CSP4には,世界各地から,締約国,署名国,オブザーバー国,そして,国際・地域機関,市民社会,非政府組織,産業界から幅広い関係者の参加が見込まれます。

    4 日本は,国連におけるATT作成に向けた取組の当初から積極的に参画し,国際社会の取組をリードするとともに,条約発効後も条約の効果的な実施と普遍化に貢献してきました。CSP4においても,ATTが抱える課題の解決に向けた議論に積極的に参加する予定です。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る